新パンテオンガイドライン

パンテオンがリワークされ数日が経ちました。考察の記事では書けなかった使用感等、この記事で書いていきます。

因みに、リワーク前のパンテオンにはかなりお世話になりました。ありがとうパンテオン、これからもよろしくパンテオン。

 

スキルセット


LOL 日本語 Wikiより抜粋

リワーク前のスキルと比較しながら見ていきたいと思います。

 

Passive 定命の意思

Passive: AAかスキルを使用するとスタックが増加し(最大5スタック)、最大スタックの時に通常スキル(Q、W、E)に定命の意志ボーナスを追加する。

リワーク前に比べると攻撃的なパッシブになりました。スタックの管理、そしてスタック時にどのスキルを使うかで恩恵が変わってきます。

Passive: 通常攻撃を行うかスキルを使用するたびにスタックが1増加(最大4スタック)し、4スタック時に40DM以上の通常攻撃を受けるとスタックを消費して通常攻撃のダメージを無効化する。

こちらがリワーク前のパッシブです。個人的には此方の方が好きでした。パンテオンが何故圧倒的なレーンの強さを誇っていたのか、このパッシブに集約されていました。メレーの殴り合いにおいて序盤は1発あたりのAAの比重がかなり大きいです、そのAAを無効しまくるんですから、インチキレベルの強さでした。スタック消費で追加ボーナスを得れるようになった代わりに、序盤の強さを捨てた形になります

 

Q 彗星の槍

Active(短押し): 指定方向に槍を投げ当たった敵ユニットに物理DMを与える。短押しの場合、このスキルのCDが50%解消する。

Active(長押し): 詠唱し(最大4秒)、0.5秒間経過すると射程が増加(1000ユニット)する。貫通後の敵ユニットに与えるDMが50%に減少する代わりに、残りHPが25%以下の対象に与える物理DMが増加する。詠唱がキャンセルされた場合、スキルのコストが半分になる。

定命の意志ボーナス: 追加物理DMとSlow(25%, 2.5s)を与える。

物理DM: 75/115/155/195/235 + [増加AD × 100%]

低HP対象物理DM: 155/240/325/410/495 + [増加AD × 200%]

定命の意志ボーナス追加物理DM: 20 + 13/lv + [増加AD × 100%]

Cost: 40MN CD: 10/9.5/9/8.5/8s Range: 575

Qが対象指定ではなく方向指定になりました。リワーク前のQと比べると基礎ダメージは10ずつ伸びているものの、140%あったADレシオが100%にまで減らされ、射程も少しですが落とされています。その分、今回から詠唱することが可能になり射程はなんと1000、ゼラスのWと同じ射程です。レーンではいまいち使いどころが無いものの、それ以外ではリワーク前に持っていなかった武器にもなりますので、痒いところに手が届く性能になりました。そしてHPが25%以下の敵には通常の倍以上のダメージを与えることができます。パッシブのスタックも合わせるとADレシオだけで言えば300%という驚愕の数字になりますので、少ない体力で甘えている敵に狙っていきたい部分になります。しかし溜めた時は貫通後の威力減衰、クールダウンが長めとデメリットもあるので溜めずに使うのが基本になるでしょう。

 

W 跳撃の盾

Active: 対象の敵ユニットにリープして魔法DMとStun(1s)を与える。

定命の意志ボーナス: 次のAAが三回攻撃となりAAの150%分のダメージを与える。

魔法DM: 60/80/100/120/140 (+1.0AP)

Cost: 55MN CD: 13/12/11/10/9s Range: 600

リワーク前とほぼ変わっていないスキル。パッシブのスタックが溜まっている状態であれば即座にAAを3回するので、On Hit Effects(通常攻撃効果)の効果も勿論受けます。強化Wした後はスタックが3つ溜まるので、+αで強化スキルがまた使えるようになりますし征服者のスタックもW+AA3回で4つ溜まることになります。結論、強化スキルはWが一番無難ではないのかと思っています。

 

E イージスの猛攻

Active: 指定方向に1.5秒間盾を構えて前方を槍で連続で突き、扇状範囲内の敵ユニットに0.25秒毎に物理DMを与える。ミニオンに与える物理DMは50%減少し、中立クリープに与える物理DMは15%減少する。盾を構えている間、指定方向からのDMを全て無効化する(タワーを含む)。この効果はCCによって中断することができない。効果時間終了後、前方に盾を突き出し扇状範囲内の敵ユニットに追加物理DMを与える。

定命の意志ボーナス: 効果時間が2.5秒に増加する。※効果時間が伸びた分、範囲内の敵ユニットに与える合計DMも増加する(DPSは同じ)

物理DM(1Hit毎): [AD × 16.66%]

最大物理DM: [AD × 100%]

追加物理DM: 55/105/155/205/255 + [AD × 150%]

Cost: 80MN CD: 22/20.5/19/17.5/16s Range: 400

リワーク後のパンテオンにおいて一番重要なスキルだと思っています。盾を構える方向さえ合っているなら、全てのダメージをブロックすることができます。使用感で言えばブラウムのEと似てるでしょうか。このスキルによって、今まで集団戦で活躍できなかったパンテオンがこれからはフロントラインとして活躍することが可能になります。たとえ1.5秒だったとしても、LOLの1.5秒はとてつもなく長く、それが集団戦であれば余計にです。タイミングさえ適切であれば、かなりのダメージを吸収することができます。そして効果終了時の追加攻撃にADレシオが150%と破格の数字が設けられていますが、当てにいくことも難しくダメージ源として使うのではなくバーストを防ぐ為に使った方が強いんじゃないかと思っています。イメージで言ったら万能なイレリアのWみたいな、そんな感じです。

 

R 偉大なる星路

Active: 2秒詠唱後に対象指定不可状態で空中に飛び上がり、その2.4秒後に指定地点に落下(テレポート)して周囲の敵ユニットに魔法DMを与え、定命の意志のスタックが最大になる。魔法DMは範囲中央から1%離れる毎に1%(最大50%)減少し、ジャンプ前にキャンセルした場合にはこのスキルのCDは30秒になる。

最小魔法DM: 150/250/350 (+0.5AP)

最大魔法DM: 300/500/700 (+1.0AP) 効果範囲: 700

Cost: 100MN CD: 180/165/150s Range: 5500

ただカッコイイだけのスキルに成り下がったR。使用感はリワーク前と比べると最悪になりました。リワーク前は詠唱後、1.5秒後に指定した場所に落下することができていましたが、大きくナーフされ0.9秒延長の2.4秒後になりました。この約1秒がかなり大きく、よっぽど綺麗に先読みしない限りは安全な場所まで逃げられてしまいます。ダメージもナーフされていることを考えると、一番強みだったRが使い辛くなったのは全体的に見ても厳しいでしょう。

 

 

ルーン


前までは電撃が一般的でしたが、今は征服者が一番使用率が高くなっています。前述した通り、強化Wでスタックが溜めやすくなったりQが方向指定になったことによりプッシュとハラスを両立させることができるようになり、征服者のスタックを切らすことなくダメージトレードがしやすくなったことがキーストーンの偏移の原因だと思っています。

 

ビルド


妖夢やダスクの脅威ビルド+黒斧が一般的なビルドでしたが、今もリワーク前と変わらないビルドパスなようです。

前はアサシンとしての立ち回りも可能だったのがリワーク後はファイター寄りの変更になり、脅威ビルドは変わると思っていたので少し意外でした。Eのスキル性能的にもフロントラインを張れるよう少しタンキーなビルドにした方が強いような気もしますが、Qのスキルを見ればわかる通り増加ADでスケールするので、ビルドでADを稼がないと全くダメージが出なくなってしまうので脅威で正解なのかもしれません。

デスダンス+篭手は個人的にかなりアリな気がします。

 

 

レーン割り当て


基本的にはトップで使われるでしょうが、Qの変更により中立のクリアがかなり楽になったのでジャングルでの運用も考えられます。その追い風の如く、Hotfixでバフも貰っています。

しかし、追い風とは裏腹にジャングル勝率は悲惨なことになっています。

理由として、

  • パッシブの変更により序盤の圧倒的な強さが失われてしまった
  • パッシブがスタック管理なのでダメージを出すタイミングをコントロールできない
  • 単純にダメージ不足

が挙げられます。ジャングルで運用するなら他のチャンピオンを優先した方が良いでしょう。

 

 

結論


序盤に極振りしており、レーンからキルを取りスノーボールしてRで他のレーンに関与、波及していくというのが今までのパンテオンでした。

その尖った性能を丸くし、全体的に平らにしたのが今のパンテオンに抱くイメージです。中途半端になって、器用貧乏が拭えない感じです。確かに前よりかは出来ることは増えたかもしれませんが、それならパンテオンではなく他のチャンピオンを使えばいいだけの話ですから。

リワーク後のパンテオンもレーン戦は強いでしょうが、前ほどの圧倒的な強さは無いはずです。フィオラやガングプランク、AA主体のチャンピオンのカウンターとしてソロキュープレイヤーはかなりお世話になったはずです。今はもうカウンターとして機能するかも危ういレベルです。

ピック率はかなり上がりまだ色々と模索状態でしょうが、勝率は47%と前に比べ4%ほど落としています。

皆さんが使い慣れてきた頃にどう変動するか、これからが少し楽しみですね。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です